紫外線で目が充血!意外と影響受けている目の日焼け!ケアの仕方

スクリーンショット 2015-04-22 1.31.35

 

夏ももうすぐですね。

夏といえば海とドライブと花火とバーベキューとアウトドアのイベントが盛りだくさん!

そう、外に出る機会もかなり多くなってきますね。

これまで、気にしたことがないかもしれませんが、
夏の日差しはかなり強くあなたの体をジリジリ焼いています。

日焼け止めしているけど、何か?

って思うかもしれませんが、今日は普通の日焼け止めではなくあなたの 『目』!

意外と、忘れがちですが夏の紫外線から目を守らないと目の病気をきたすことも。

最悪の事態を招く前に知っておきたい夏の『目』の守り方

 

スポンサーリンク

 

紫外線によって受けたダメージか判断する方法は?

スクリーンショット 2015-04-22 1.33.42

 

紫外線で受けたダメージの原因は『炎症』です。

基本的には紫外線でのダメージがあったところが赤くなる『充血』することです。

まぶたの下などの眼球以外のところも充血していたら、
寝不足やパソコンのしすぎかもしれませんね。

どれくらい直射日光の下にいたか計算しておきましょう。

あまりにも短時間で目が充血したら他の理由かもしれませんからね。

 

 

紫外線を浴びすぎて目が痛くなった時の対処方法は?

炎症を抑えるために冷やす。

スクリーンショット 2015-04-22 1.40.22

目の痛みの原因は炎症してることです。簡単に言うと『目の火傷』のようなものです。

炎症を起こし熱を持っているので、冷水や冷たいタオルで冷やす

痛みは和らいできますよ。

 

目薬をして炎症を抑える(対処療法)

 

  • ロートUVキュア(ロート製薬)
  • バイシンUV(バイシン)
  • ノアールUV(サトウ製薬)

炎症を抑えるための硫酸亜鉛水和物が配合されているので炎症を効果的に抑えらるます。

上記の3つは知名度も高く、安全性もしっかりとしているので安心です。

しかし、薬局の処方箋なしで購入できますが、あくまで医薬品であるために

人それぞれ個人差がありますので、ちょっとおかしいな?って感じたら
すぐに 使用を注意して薬局、クリニックに行きましょうね。

 

ゆっくり休むことが一番の薬。

スクリーンショット 2015-04-22 1.40.44

自然治癒に勝るものはこの世に存在しないように、

最後は休むことが一番の治療方法です。

現在の私たちの生活はすっごく便利ですが、

パソコン、スマホ、テレビ、電気などなど

目にとってはすごく疲れる世界になってしまっているのです。

紫外線によって痛めた目はゆっくり睡眠を取ったりや目を閉じて休むことが一番です。

 

 

紫外線をブロックするための効果的な方法は?

  • UVカットのサングラスをする
  • 帽子をかぶる
  • 日傘をする

たった3つしか紫外線をブロックする方法を探しませんでした。

外に出ない限りは紫外線を防ぐことは不可能なので、

いかに紫外線を遮断することを考えたアイテムを使用することが
一番ブロックできるでしょう。

男性ならサングラスと帽子を着用

メンズのサングラス一番のオススメのRaybanの◯◯◯モデルをチェック!

女性ならサングラスと日傘をする

3つのうち2つは絶対取り入れたいくださいね。

 

 

まとめ

ほっておくと重大な病気となり手遅れになる意外と強い『目の日焼け

まず、日焼けをしないように防ぎ、

それでも目が紫外線でやられっちゃったらしっかり休みましょうね

 

スポンサーリンク

 

 

本記事の関連記事を確認する

毎日使うLINEの使い方はマスターしていますか?




LINEの動きが遅くない?簡単に解決する方法


返信がない!iPhoneでブロックを確認する方法


スタンプを送る以外にブロックの確認方法があった


LINEの調子が悪くフリーズしてしまうスマホの解決方法


一生の思い出のLINEのトークを保存する方法



20代男性が揃えるべきアイテムをあなたは持っていますか?




20代男性が使いたいビジネスでも使用できる名刺入れはこれ

20代男性にも合う革の名刺入れランキング

気をぬいてはいけない20代男性の財布を持っている?

20代男性がはめたい腕元が光る腕時計はこれだ!


一歩先を行く30代男性が揃えておきたい装備と心構え




ビジネスに勝つために使用する名刺入れはこれ

支払いがスマートに見える30代男性が持ちたい財布リスト

めっちゃ惚れる30代男性がはめたい腕時計リスト

30代男性がモテるって言われるけどなんでか知ってる?


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ