節分の起源・由来はなに?鬼は外、福は内!鬼が内はだめなの?

365140201_setsubun5

節分とは、立春、立夏、立秋、立冬のそれぞれの前日を指す言葉です。

また、節分の「節」一年の節目の意味も持っております。

 

現在では、立春のみ節分と使用されています。

立春は長く厳しい冬を越し一年で一番大変な時期を乗り越えた祝いとしてや、年が明けて最初に来る「節分」の日としてめでたいなど、幾つかの説があると言われています。

 

このような背景から2月3日に節分としてお祝いをすることになったようですね。

 

 
Sponsored Link

なぜ豆を投げるの?

これは中国から来たと言われている「追儺」という儀式からのルーツと言われています。この「追儺」は、鬼退治の儀式として行われ、この「豆」を投げて、鬼の目を攻撃するとも言われております。

他には、五穀豊穣を祈願して豆を投げていたそうです。五穀となると、別に豆じゃなくても昔は良かったのかもしれませんね。

 

海外でも節分ってあるの?

海外では、このような節分の文化はないそうです。以前、お年玉について記事を書いたときには、中国、韓国、ベトナムなど、東南アジアでは同じような行事があったのですが、節分はないみたいですね。

海外の友人に「節分」を説明したのですが、全く理解が出来ず、日本人が「食べ物を無駄に投げるの?」「豆投げて拾って食べるって日本人Crazy」と言われた記憶があります。

 

 
Sponsored Link

掛け声の由来は内?外?

は〜は〜

この掛け声には意味があるのです。

鬼は邪気を意味し、節分=季節の変わり目には邪気が集まると言われています。この邪気=鬼を豆を外に向かって投げ、家の中から追い払う為です。

福は〜内!はもちろん、今年一年間の家に福を呼び込む為です。

豆を年齢分だけ食べる事によって、福を授かると信じられている為です。

しかし、ある地方では鬼は神様の一つとして崇められているので、特定の地域では「鬼は内」「福は内」と掛け声をかけるそうです。

 

恵方巻きはなぜ食べるの?

 

恵方巻きは福を内側に溜め込み、それを食すことで、体の中まで福を授かるためではないでしょうか。

そのために、恵方巻きは包丁で切ってはいけませんし、7福神として、7種類の具が内側に巻かれているのはそのためです。

恵方巻きが鬼を退治する金棒として、邪気を追い払う効果があるとか。

一番の特徴である「ある方角を向いて食べる」。

 

2015年は「西南西」やや西側?が今年の歳徳神のいる方向です。

Sponsored Link

本記事の関連記事を確認する

毎日使うLINEの使い方はマスターしていますか?




LINEの動きが遅くない?簡単に解決する方法


返信がない!iPhoneでブロックを確認する方法


スタンプを送る以外にブロックの確認方法があった


LINEの調子が悪くフリーズしてしまうスマホの解決方法


一生の思い出のLINEのトークを保存する方法



20代男性が揃えるべきアイテムをあなたは持っていますか?




20代男性が使いたいビジネスでも使用できる名刺入れはこれ

20代男性にも合う革の名刺入れランキング

気をぬいてはいけない20代男性の財布を持っている?

20代男性がはめたい腕元が光る腕時計はこれだ!


一歩先を行く30代男性が揃えておきたい装備と心構え




ビジネスに勝つために使用する名刺入れはこれ

支払いがスマートに見える30代男性が持ちたい財布リスト

めっちゃ惚れる30代男性がはめたい腕時計リスト

30代男性がモテるって言われるけどなんでか知ってる?


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ